複数の借金に便利なおまとめローンとは

カードローンなどは便利なものですが、気がつくと複数の会社から借入してしまったというケースがあります。このように多重債務者になってしまった場合、利息や支払日の管理など様々なデメリットが出てきてしまいます。おまとめローンとは、そんな多重債務者向けの借り換えローンで、複数の債務を一般化させることができます。一本化させることによって金利と毎月の返済の負担が軽くなります。具体的なメリットとしては、まず複数の会社から借入てしまうと毎月の返済回数は多くなってしまいます。返済日を同じ日に設定していても、複数の会社に複数返済しなけれならなくなっている状態です。一本化することによって月に1回の返済で済むようになります。また、月々の返済負担を減らすことも可能です。おまとめローンは複数の会社の借入を一本化させるローンですが、最小返済額も変わってくるため、一月の返済の負担を減らすことができます。場合によっては低金利のローンを選ぶことによって金利が下がることもあります。

様々なメリットのあるおまとめローンですが、デメリットがないわけではないため注意が必要です。金利が下がったというメリットがありますが、利息が高くなってしまったというケースも少なくないのです。これは返済額が下がることによって元金の減りも遅くなり、返済期間も長くなっていきます。その結果支払う利息も高くなってしまい最終的に利息が多くなって、個々に返済するよりも高いお金を払うことになることがあります。借金を一本化したら、その後は返済に集中して完済を目指すべきですが、借金で生活を回していた人や浪費癖がある、ギャンブルを止められない人などは、急に借金を止めることができずに、一本化したにもかかわらずまた借入を増やしてしまうことも多いとされています。メリットだけではなくデメリットをきちんと理解し、新たに借金をせずに、返済できる人に特に向いているローンになります。